CONTACT

お気軽にご相談ください。(無料)

ブライダルフェアのご予約

日本の伝統を感じる花嫁

繊細で奥深い和の装いに身を包み、
慶びの日を厳かに迎える。

洗練された華やぎの和の花嫁は
日本の女性に生まれたからには、一度は憧れる姿。
白無垢、色打掛、引振袖、それぞれに、
日本古来の伝統と願いが込められています。
四季の移ろいを愛する
日本人のこころが彩られた「きもの」は
晴れの日の特別な装いです。

  • 白無垢

    打掛から掛下まですべて白で統一された、神前式の式服として用いられる神前式の定番です。白は日本古来から神聖な色とされていて、もっとも格が高い花嫁衣装が白無垢です。打掛(一番上にかける着物)、掛下(打掛の下に着る振袖)、その他の小物類もすべて「白」で統一されています。また白無垢+綿帽子の組み合わせは、挙式白無垢のときのみに許される組み合わせです。あるいは角隠しも合わせることができます。

  • 黒引き

    別名「おひきずり」とも呼ばれる引振袖は、かつて武家の婚礼衣裳として用いられていました。花嫁ならではの引振袖(お引き摺り:振袖の裾を引いた振袖のこと)が人気です。原則として、挙式に着られる振袖は一般的な振袖ではなく、黒地の引き振袖(黒引き)のみです。

  • 色打掛

    赤や金など白以外の色を用いた打掛です。色打掛の魅力は何と言っても華やかさがあること。好きな色が選択できることとバリエーションが豊富なことから、披露宴の際に羽織られることが多いのですが、白無垢と同様、神前式にも着用可能です。打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされていました。打掛とは掛下の上からもう1枚同形の衣をかけたスタイルを意味します。

古来から自然を愛でる日本人の繊細な美的感性は
着物の中にも表れています。
結婚式の着物によく使用される季節を感じる
柄や縁起が良いとされる柄など、
いわれを知った上で選べば、
より一層衣裳選びが楽しい想い出となるでしょう。

THE PATTERNS OF KIMONO

  • WEDDING DRESS

    永遠の憧れ、ウエディングドレス
    神聖さを感じる純白の衣装を身にまとい
    誰よりも輝く1日を

  • COLOR DRESS

    華やかな色彩をはなつ
    カラードレス
    あなたの個性を引き立たせる1着

  • TUXEDO

    スタイリッシュに、スマートに
    新郎の誠実な誓いを
    タキシードとともに

提携ドレスショップ「ベニール錦屋」「ブライダルハウス島田」をご紹介しております。詳しくはお問い合わせくださいませ。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー