CONTACT

お気軽にご相談ください。(無料)

ブライダルフェアのご予約

お客様の声REPORT

平成30年 3月24日 挙式

ナチュラル


陽鞠の間 〈 ゲスト20名 〉

*おふたりのストーリー*

カナダの雄大な自然の中で結婚式を挙げられたお2人。

新婦様のご親族のため、そして今度は日本らしい結婚式を新郎に感じて頂くため、宮崎神宮での神前式を選ばれました。

時期も桜のタイミングを考慮し、当日は桜の咲く中で挙式を行うことができました。

カナダからのお客様は少数でしたが、文化の違いなどで戸惑うことのないよう、事前に様々なことを新婦様を通じて確認させて頂きました。

内容については、和風ナチュラルな雰囲気づくりや鏡開き、ケーキも桜をイメージしたデザインを取り入れました。

両家が打ち解けて頂けるよう家族構成図を手作りされたり、かたくるしさをできるだけ取り除けるよう心掛けて準備されました。

新郎様は直近までカナダでしたので、準備のほとんどは新婦様がすすめられましたが、事前に神前式での誓詞奏上の入念な練習や、

当日は予定していなかったギター演奏と歌をその場でご披露されたりと、頼もしい限りでした^^

お天気と桜に恵まれ、神宮の杜を背景になごやかな中、両家のご縁を結んだ特別な一日でした。 

*おふたりのエピソード*

Qご来館のきっかけは何でしたか?

私たちは昨年の7月にカナダで結婚式を挙げていたのですが、日本でも伝統的な和の結婚式を挙げたいと思ったことがきっかけです。

Q実際に来館してみての印象はいかがでしたか?

友人の結婚式で何度か訪れたことがあったのですが、館内がいつもきれいで、スタッフの方も全員感じのいい方ばかりだと思ったのを覚えています。

Q当会館での挙式・披露宴で一番良かったこと、嬉しかったことは何でしたか?

式の最中に、小鳥が2羽本殿の中に舞い込んできたことです。

私たちは誓詞奏上のため前に居て見られなかったのですが、小鳥が私たちの背後でチョンチョンと飛び回っていたそうです。

最後にあった斎主の話の中で、このようなことは滅多にあることではなく吉兆の印です、と言われ感激しました。

これも自然に融和した宮崎神宮ならではの、特別な体験だったと思います。

Qお二人のこだわったポイントはどこですか?

新郎側のゲストが外国の方で言葉の壁があったので、どうすれば両家が打ち解けられるか考えました。

通訳の方も手配して頂き、それがとても有難かったです。

Q担当プランナーの印象はいかがでしたか?

担当の沼口さんには、親近感があってとても話しやすく、細かいことまでいろいろと相談に乗っていただきました。

当日の食事会での突然の演出の追加にも、臨機応変に対応して頂き、本当に頼りになるプランナーさんでした。

Qこれから結婚式を挙げるカップルへのアドバイスなどをお願いします

結婚式当日はあっという間に終わってしまうので、結婚式の準備を含めて楽しんでほしいと思います。

準備は大変ですが、お互いのことを改めて知る良い機会になり、またゲスト一人一人の事も改めて考えることのできる、特別な時間になるはずです。

*担当プランナーから一言*

初めてお会いした日から当日まで、細かな確認を含めたくさんのやりとりをさせて頂きました。

なかなか思い通りにすすまない事もあったりしたかなと反省しております><

お仕事の合間をぬってご来館いただいたり、準備を進めていただいたりと、忙しかったと思います。

少しでもお役に立てるようお手伝いさせていただいたつもりです。

当日のなごやかなムードは、お2人の人柄と両家みなさんの温かいお心の賜物です^^

今後益々のご多幸とご活躍を祈っています。

担当プランナー:沼口 宗史

PHOTO GALLERYフォトギャラリー